• お問い合わせ お問合せ
  • ログイン ログイン
  • カート カート
  • 検索 閉じる 検索
  • 他店対抗
  • 品揃え日本一
  • 最短翌日お届け
  • 購入方法
  • よくある質問
  • 塗装・修理・加工
  • 売却・査定

作業案内

ボルト式ポイント(爪)からピン式ポイント(爪)へ

ボルト式ツースからピン式へ交換
ボルト式ツースからピン式へ交換
古い型式に多い ボルト式ツース(ポイント、爪)

残念ながら、ボルト式用ツース盤(平爪)は、取扱がございません。
ツース盤(平爪)を取付る場合、そうではない場合でも
ボルト式ツース(ポイント、爪)は割高であること。
いつ製造が終了してもおかしくない部品であること。
現在の主流の ピン式ポイント(爪) へ交換の方法をご案内します。
ボルト式ツースからピン式へ交換
ボルトを外して、ツースを外します。
ボルト式ツースからピン式へ交換
古い機体や錆が多い機体の場合は、外すのに苦労する場合があります。

ボルトが緩まない場合は、(ボルトの再利用は難しいので)
切断や酸素等で温めるなど対応します。

ボルト式ツースを外した後は、当店で販売している変換アダプターを取付けます。
変換アダプターはコチラから
変換アダプターはコチラから
ボルト式ツースからピン式へ交換
ボルト式ツースからピン式へ交換

1)装着するポイントのサイズ

2)バケットの底板厚

ボルト式ツースからピン式へ交換
板厚が合わない場合や、バケットの劣化・摩耗が酷い場合は強度を上げるため、
バケットの底板の部分に、1枚鋼材を貼り合わせ、
板厚、及び強度を確保する事をお勧めします。

板厚サイズとアダプター位置が合えば、後は溶接にてバケットに固定してください。
ボルト式ツースからピン式へ交換
位置合わせは、ポイントのみの使用なら、均等に配列などで問題ありませんが、
今後、ツース盤を ご使用予定でしたら、事前にツース盤の適合サイズ内に
収まるように、ピッチ(間隔)を調整して配置してください。
可能であれば、変換アダプターとツース盤の同時注文をお勧めします。
届いたツース盤(平爪)のピッチに合わせて、変換アダプターをバケットに
固定できるからです。

(注意)
ピッチ(間隔)が合わないと、ツース盤が使えませんので、ご注意ください。
ボルト式ツースは、ピン式ポイントより
横幅が細い場合がほとんどです。
現在、ボルト式ツースを4個使用している場合で
ピン式のツース盤の装着を検討している方は
変換アダプターの数量を、3個にすることもご検討ください。
変換アダプターを4個バケットに装着してしまうと、ピッチが狭すぎて
ツース盤が装着できない場合が多く見受けられます。
4個→3個への減数に対する、ポイント、ツース盤の強度に問題はございません。

ポイント・ツース盤を止める ロックピン・ラバーピン は共用できます。
脱着を繰り返しますと摩耗しますので、予備をお持ちいただくことをお勧めいたします。
ボルト式ツースからピン式へ交換
取付後は錆・腐食防止のため、塗装をお勧めいたします。
補修缶スプレーはコチラから
補修缶スプレーはコチラから

建設機械

新品建設機械
  • ミニ油圧ショベル
  • キャリアダンプ
  • プレートコンパクター
  • タイピングランマー
  • 発電機
  • 高圧洗浄機
  • コンクリートカッター
中古建設機械
  • ミニ油圧ショベル
  • キャリアダンプ
  • ホイールローダー
  • フォークリフト
  • 溶接機
  • コンプレッサー
  • 発電機
  • 電動工具

アタッチメント

新品アタッチメント
  • バケット
  • 機械式フォーク
  • 油圧式フォーク
  • ブレーカー
  • 草刈り機
  • めくり隊
  • ワンタッチ
中古アタッチメント
  • バケット
  • 機械式フォーク
  • 油圧式フォーク
  • ブレーカー
  • 草刈り機
  • ワンタッチ
  • 道板アルミブリッジ

営業日
  • 今日
  • 定休日
  • 出荷休業

ページトップへ